「女性用バイアグラ」米国で販売!

女性用バイアグラが米国で承認!

「女性用バイアグラ」とも呼ばれる女性の性的欲求低下障害治療薬「Girosa(ギロサ)」(一般名・Flibanserin=フリバンセリン)が、当局の審議を経て米国で承認されることとなりました。
同薬は2009年の申請以来、2度にわたって承認を見送られてきたが、今回の審議では賛成18票、反対6票の圧勝でついに国内販売にこぎ着けたのです。

「女性用バイアグラ」「ピンク・バイアグラ」などと呼ばれている「Girosa」は、もともとは独製薬大手のベーリンガー・インゲルハイムが抗うつ薬として開発した薬だが、うつ病への有効性は示せませんでした。
しかし、臨床試験の副作用の評価で、偽薬(プラセボ)や他の薬を飲んでいる人たちと比べて「Girosa」で性行動の上昇が確認されたのです。

こでベーリンガー社は、「Girosa」を抗うつ薬から女性の性的欲求低下障害治療薬に切り替えて申請。
審査の過程では「FDAは男性の性機能障害に対する治療薬を多数承認する一方、女性を対象とした医薬品の審査を厳しくするジェンダーバイアス(性差別)をかけている」との非難もあったそう。

バイアグラのジェンダーレス化…?

ということで、フリバンセリンが女性用バイアグラとして、承認され、販売されたそうです。

男性用バイアグラ等の勃起治療薬が、いわゆる精力剤や媚薬のような効果を持たないのに対して、女性用バイアグラ『フリバンセリン』は、女性の「性欲減退障害」を改善するものであり、つまり性欲を高める、媚薬のような効果があるのです。
吐き気やめまい、眠気などの副作用が出ることもあるとのことで、ほかのリスクも考えられるので使い方には注意が必要。

現在フリバンセリンよりも、ジェネリック品である『ラブグラ』という女性用バイアグラが一般的に多く出回っているようです。

本来は、熟年夫婦のセックスレス改善などに活用されるための薬。
今後バイアグラのように「夢の薬」と呼ばれる日がくるのでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ